携帯モードで見る

2011年11月29日火曜日

ランチョンセミナー



      あまり up こそしていませんでしたが・・・
  内科研修~外科・整形外科研修にローテートした現在も
 ↑  このようにランチョンセミナーは積極的に行っています!


今日はその様子を久しぶりにご紹介♪


本日の講師は!!
北九州市にあります健和会大手町病院で
整形外科医を務める 吉野Dr


「関節リウマチのマネージメント Ⅲ」

というテーマで講義を行っていただきました




吉野Drは 当院の整形回診に隔週で参加される為
毎月2回ほど当院に来院していただいてます


当院研修管理委員会事務局では
そのような折角の機会を利用し 吉野Drにランチョンセミナーの依頼!!

突然のお願いにも関わらず 
研修医のスキルアップに貢献出来るならと 快く承諾していただきました☆



吉野Drの講義は本日で3回目

第1回 → 関節リウマチの診断
第2回 → 関節リウマチの治療

以上のような内容で進んできた当セミナー



今回最終回であるセミナーでは

“関節リウマチの評価と管理”

この点について講義していただきました



関節リウマチの治療目標である 寛解
そしてこれを判断する上で必要となる疾患活動性の評価基準 DAS28 





リウマチの治療に於ける最新の情報も混じえた講義は
健太Drにとって新鮮で 真剣にその講義内容をメモしていました




一方 講師を務める吉野Drは
健太Drのそんな真剣な態度に応えるように


始めこそ・・




この様に腰を降ろしていましたが 徐々に講義に熱が入ってくると・・・








このような状態に☆




講義後は
整形回診の開始まで時間いっぱい講義についての質疑応答


「今のリウマチの治療は
 昔と違って 最初に効果の強い薬を投与して徐々に弱めていくんですね」


この講義で健太Drは
新しい知識をしっかりと獲得することが出来たようでした!!





関節リウマチのランチョンセミナーは今日で終了ですが
今後も各科の先生に協力してもらいながら
多くのセミナーを開催予定です!


またup した際はぜひご覧下さい♪





・・・因みに余談にはなりますが 講義終了後
私と健太Drは吉野Drが使用しているipadを羨ましそうに眺めていました ^ ^

0 件のコメント:

コメントを投稿