携帯モードで見る

2012年2月22日水曜日

初めてのトリプルルーメン ( ;;)  > ( ^ ^ )y




 手町病院にきて早数週間経つ研修医G。まわりの環境にも慣れて先日ついに、西医院長から

 「あのM浦先生が、お前の事頑張ってるなって言ってたぞ」

 と最高のお褒めの言葉をいただいた!

 ふふふ、(怒られるのが怖くて)電光石火の治療方針決定と圧倒的カルテ記載が功をそうしたぜ・・!


 そして本日はついに手町病院に来て初めてCVカテ挿入をすることに!

 患者さんはICU朝カンファ時にNIPPV(宇宙服みたいなやつ)装着していたので十八番の右鼠径部からということか・・・

 米の山では、CVキングこと外科指導医に「1年目にしては針物うまい」と言わしめたこの技術・・・!
 ククク、久しぶりに腕が鳴るぜ・・・!

 しかし何もかも順調に見えたその時、落とし穴が待っていた!!!


 ~~~病院全体の朝カンファ後~~~

 G「さーて、今日は朝からCVビシーッ決めて評価ドカーンあげてやるぜ・・・!」


 ・・・・ N I P P V 外 れ て な い か ・ ・ ・ ? 

 G「あの、先生・・・」

 MDr「あぁ、呼吸器外せそうだったから外してみたよ。意外と大丈夫だから右内頚からよろしくね」


  ! ? 


 研修医Gに戦慄走る・・・っ!


 MDrCVはトリプルルーメンね」


  ! ?


 え?トリプル?トリプルって3って意味ですか・・?

 まあダイレーターあるからダブルもトリプルも変わんないですけど・・・


 MDrCVは先生のできる時間でいいよ」


  ! ?


 いや・・時間はあるので今すぐできるんですけど・・・

 あ、心の準備をする時間を私に与えてくださったんですね!

 ・・・え?監督するのMDrですか?4年目の先生とかじゃ、ないんですか?


 ・・・(心の)準備に5分いただいてもよろしいですか?

 「エコーで確認後三角形の頂点から右乳輪の方角に穿刺」と呪文のように唱えること早5分、

 G「先生、じゃあ今からお願いします」
 と覚悟を決めて決戦に臨むG

 エコーで確認し、清潔操作を終え、穿刺道具を確認した時再び戦慄走る・・・っ!


 G「おしりからガイドワイヤー通せる青い注射器入ってない・・・
ω`)

 完全な大誤算、DAIGOSAN、で、ある。

確かに同期がCVするとき「みんなセルジンガー法ばっかりだなー」と思いながら見ていたが、なるほど、選択肢はいつも一つ!だったわけだ!!

 右内頚×セルジンガー法×MDr指導下というまさにトリプルルーメンCVカテを挿入するにふさわしい(違う)異次元デルタアタック!!

 いいだろう、米の山で鍛えたこの力、今こそ発揮する時だ!!!!


 プス


 クイクイッ(逆血なし)


 ・・・スポン


 G「・・・」

 MDr「・・・」



 ・・・プス


 クイクイッ(逆血なし)


 ・・・スポン


 G「・・・」

 MDr「・・・」



 ~~~~5分後~~~~


 プス


 クイクイッ(逆血なし)


 ・・・スポン


 G「・・・」

 MDr「・・・」

 G「(やばいってこれ!!エコーで確認後三角形の頂点から右乳輪の方角に穿刺してるのに!確認したとこマークまでしてるのに!)」

 MDr「・・・ガウンもう一つ用意して」

 G「 ! ? 」


  株暴落までのカウントダウンがスタートした!!!


 プス


 クイクイッ(逆血なし)


 ・・・スポン


 MDr「手袋は7ね」

 G「(やばいってこれ!!)」


 プス


 クイクイッ(逆血なし)


 ・・・スポン


 「キュッ、キュッ」←MDrが手袋をし終えた音


 G「( や ば い っ て こ れ ! ! !)」


 パタ・・パタ・・  MDrが歩いてくる音


  M 浦 先 生 が 近 づ い て く る よ ! ! ! 


 G「(えーい、南無三!!!)」


 プス


 クイクイッ


 シューッ


 G「!?

  (こ、このどす黒い赤い血は・・・)

  (CVや!内頚Vにヒットしたんや!!!)」


 パタ・・・  歩みを止めるMDr

 G「ふぅ・・・

 (・・・いや待て安心するな!これはまだ試験穿刺・・・!最大の山、セルジンガーは今からや!!)」


 プス


 クイクイッ


 シューッ


 ・・キュポ(シリンジを外す音)


 ・・スッスッ(ガイドワイヤーを挿入する音)


 スススイィィーーーーッ



     キ   タ   コ   レ 


 圧倒的大逆転勝利!!!その瞬間研修医Gの脳内に住んでいる炭鉱で働く少年がスラッグ渓谷に向かってハトを解き放ちながらトランペットを吹いて回ったのはいうまでもなかった。


 そして奇跡の瞬間をいろんなバージョンで仮想(妄想)した様子がこちら!!!


 研修医アカ゛「・・へへっ、きたぜ・・・しゅるりとな・・・」

 研修医フリー゛「ちなみに私のCV手技経験回数は53回です」

 研修医中゛ま「おーいごとお~、野きゅ・・CV入れようぜ!」

 上級医 大バ゛「その者青き衣をまといてISOJINの肌に挿入すべし。失われし体液(乳酸リンゲル液)をつなぎ、遂に人々をIVHの地に導かん」


 はっ!!妄想が過ぎた!!


 MDr「んーじゃあ次はAライン取ろうか」


  休憩くださいwwwwww


 研修医Gの鍛われる日々は続く・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿