携帯モードで見る

2013年4月4日木曜日

 鹿児島から戻ってきました。


 
師となって3年目となります、田渕です。G先生と同期です。


鹿児島での研修を3月いっぱいで終え、41日、米の山病院に戻って参りました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。



「たすきがけ研修」で、米の山病院と鹿児島生協病院のふたつの病院で研修してきました。


米の山病院・鹿児島生協病院の医師はじめ職員の方々、共同組織の方々には温かく見守っていただき、なんとかここまで来られました。
 
 
不十分なところもありますが、そうであっても、ここまで来られたのは皆様のおかげがあってのことと思っております。


 これからですが、まだまだ内科の勉強が足りないので、あと3年は米の山病院で内科を学んでから次の段階に進もうと考えております。
 
 
それ以降も(外の病院に専門研修に出してもらうことはありますが)基本的には米の山病院ほか親仁会の院所で働くつもりです。  



これからもどうぞよろしくお願いします。

 

田渕



※たすきがけ研修:民医連の横のつながりを生かし、「オール九沖(九州沖縄)」で医者を育てていこう、というもの。
福岡(米の山病院)×鹿児島(鹿児島生協病院)のほかにも
福岡(米の山病院)×福岡(大手町病院)と、様々な組み合わせがあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿