携帯モードで見る

2015年12月21日月曜日

「糖尿病の薬物療法」の学習会を開きました。


5年目医師のTです。

1219日(土)に糖尿病の学習会で講師をつとめました。参加者は自分を入れて3名と小ぶりな会でした。テーマは「糖尿病の薬物療法」です。


私は米の山病院内科で糖尿病・代謝グループに属しています。今回の学習会は、同じく糖尿病・代謝グループに属する看護師Mさんからお話をいただきました。

目標は「自分に出されている薬のはたらくしくみをできるだけ自分で分かってほしい。そうすると、その薬を使うにあたっての注意点ものみこめるから。」と定めました。


 今回取り上げた薬剤は、時間の関係で全てではなくいくつかで、理科の教科書から消化吸収の図を借りたり、一般の方向けの治療の本からイラストや構成を借りたりしてプリントを作りました。

←プリントの準備中・・。

 

学習会の中では、「一人暮らしだけれども、一人分だけ作るのは難しい。多く作って何回かに分けて食べると飽きてくる。」「テレビの健康番組であっちで言っていることとこっちで言っていることとが食い違うことがあり、戸惑う。」「テレビで言っていることは、『○○島では□□を食べているから長寿です。何にでも□□を混ぜて食べています。』など、一面を極端に強調していて困る。」「最近ではクルミをある番組で取り上げたら、翌日クルミが軒並み売り切れていたことがあった。」「食事はカロリーを抑えたら体重は減ったけれども血糖は高くなった。」「犬の散歩で30分くらい歩いている。」など様々なお話が出ました。

 

以前、健康番組でココアが良い、と言ったら翌日ココアがお店で売り切れている、といった現象がありましたが、普段何気なく食べていたものがこんなにいい効果があるのか、ということに気付かせてくれる役割があったんじゃないでしょうか。

 

 学習会の前日(1218日)に、本屋の健康本のコーナーを見ると、糖尿病の料理本が多数並んでいました。食事はできれば一人でなく、どなたかと食べた方が楽しいし、会話しながらならば食べるのもゆっくりになってよいのではないでしょうか。

 

運動は、家事(掃除、洗濯、炊事他)などこまめに体を動かすことや、テレビを見る時などはできるだけ寝そべらず椅子に腰かけることもばかになりません。カロリーを要したり、体幹の筋肉を使うことになります。雨の日には家の中で家事をするのもよいのではないでしょうか。

 

←学習会では分かり易い資料を心掛けています。

 

・・・というような中身でした。糖尿病の治療の目標は「元気で長生き」ですが、元気で・楽しく。長生き・・・となりますように。


今後は、ご高齢の患者様も多くいらっしゃいますので、地域に出向いた出張学習会を開いていけたらと思っています。

0 件のコメント:

コメントを投稿